簡単なダイエット料理を楽しもう

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


簡単なダイエット料理を楽しもう

ダイエット中でも単身赴任や一人暮らしの人は、どうしても外食が多くなってしまいますよね。
栄養バランスが偏りがちになっていませんか?

外食は、美味しくするために味が濃く、
高カロリーな商品が多くなっています。

普段から“外食が多いな”と感じているあなた。
たまには料理を作ってみませんか。

最初は簡単な料理から始めれば、
作っているうちに楽しくなってくるものです。

ここではダイエット料理のポイントを紹介します。

低カロリー食材を選ぶようにしましょう

Fotolia114

メニューを決めるときは、タンパク質やミネラル、
ビタミンなどの栄養素がたっぷり入っている食材を
選ぶようにしましょう。

タンパク質が多く含まれている食材は、
肉や魚、玉子などが代表的な食材です。

豆腐や納豆などの大豆製品もコレステロールを下げる食材などで、
積極的に取り入れるようにしたいものです。

野菜は、キュウリやレタス、キャベツなどの淡色野菜とニンジンやトマト、
ほうれん草やかぼちゃなどの緑黄色野菜の両方を取ることがベストです。

外食ではなかなか取れない、きのこや海藻類も加えると、
食物繊維やミネラルなども十分に補給できます。

油を使わない料理をしよう

油はダイエットの大敵、なるべく使わないようにしましょう。
どうしても使う場合は、少量にして、良質の油を使うようにします。

電子レンジを有効に使うことで料理が簡単になります。

生の野菜が苦手な人や野菜を多く取りたい人は、
ニンジンやキャベツを電子レンジで温めて
「温野菜」で食べるとたくさん食べることができます。

食物繊維が豊富なごぼうやひじきは、
炊き込みご飯にすると簡単に調理できます。
鶏肉などを入れても美味しそうですよね。

肉類を食べたい人は、しゃぶしゃぶ風に湯がいたり、
蒸したりすると脂肪が落とせるのでお勧めの料理法です。

薄い味付けを心がけよう

普段食べている外食や市販の食品は、味付けが濃くなっています。
その味に慣れてしまうと、自分で料理しても味が濃くなってきます。

自分で作るときは、塩分や糖分を控えめにして、薄味の料理を心がけましょう。
どうしても薄味になれないときは、レモンを絞ったり香辛料を使ったりすると
美味しく食べることができます。

簡単シーフード料理

  • ホタテと殻をむいたエビを良質のオリーブオイルで炒めます。
  • 炒め終わったら、フライパンから取り出して、お皿の一部に盛り付けます。
  • 水切りしたレタスを手でちぎっておきます。
  • スライスしたニンニクと生しいたけ、
    レタスフライパンでレタスがしんなりするまで炒め、
    塩・コショウで味付けします。
  • 先ほどのホタテとエビの横に盛り付け、レモン汁をかけます。
  • 簡単シーフード料理の完成です。

このような料理方法は、
インターネットで検索するとたくさん紹介されています。

ダイエットを頑張るなら、手料理も頑張ってみませんか?

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ