筋肉は夜の睡眠中に進化する

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


筋肉は夜の睡眠中に進化する

お腹ダイエットなどで、腹筋やダンベル、スポーツジムや水泳などで運動を行うことは筋肉づくりには大切なことです。

しかし、
筋力トレーニングをたくさんしても、
必ずしも筋肉がつくわけではありません。

なぜかというと、体の中のタンパク質合成が1日の生活の中で
体の生理的な変動を持っているためです。

それに合わせてタイミング良く筋肉トレーニングを行い、
タンパク質をとらなければならないのです。

1日の中で一番効率よく筋肉が作られるのが夜の睡眠中なのです。

睡眠中は筋肉作りの条件がいっぱい

睡眠中は、体が完全に休息していて成分の分解が最少なので、
タンパク質の合成がスムーズに行われること。

グリココルチコイドというタンパク質の合成を
阻害するホルモンの分泌が少なくなること。

それによって、タンパク質合成を促進する成長ホルモンの分泌が高まること。
などの筋肉づくりには都合の良い条件がそろうからです。

そのためには、筋肉づくりの材料であるタンパク質を
夕食できちんと取ることが大切になってきます。

そして、夕食後の運動をしっかりと行うことが、
筋肉づくりを効果的に進める方法だと言えます。

筋肉ができるメカニズム

運動した後に成長ホルモンが1~2時間活発に分泌されます。

運動後には、体を休息させることが、
筋肉づくりにはプラスになるということです。

夕食では適度にタンパク質を取って、
1時間くらい休息すると血液中にアミノ酸が増えてきます。

そのときにダイエットの筋肉トレーニングや
ウォーキングなどの運動をしましょう。

しっかり運動していい汗を流したら、
お風呂に入ってスッキリします。

その後は、リラックスした時間を過ごし、その後就寝する。
このリズムが筋肉づくりに最も効果のある生活習慣です。

そんな理想的な生活習慣はできないという方もいると思います。
しかし、筋肉が効率よく作るためのメカニズムは解ったと思います。

筋肉を作るタンパク質

ダイエットには適度な筋肉が必要です。

体重が減って、ガリガリに痩せても魅力的な身体とはいえません。

適度に筋肉がついて、
引き締まった体が理想的なダイエットではないでしょうか。

筋肉は寝ている間に作られます。
その材料を寝る前に仕込むだけです。

タンパク質は、ダイエットしている人には嫌われる食材です。
しかし、体にとっては大切な栄養素で、筋肉づくりには欠かせません。

自分なりに一番効率の良い方法で、
夕食にタンパク質、就寝前に運動を取り入れましょう。

毎日続けていくと、知らず知らずのうちに筋肉がついてきますよ。

ダイエットで理想の体を手に入れるまでは頑張りましょう。

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ