お腹を簡単にへこますドローイン

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


お腹を簡単にへこますドローイン

お腹を簡単にへこますドローイン
ドローインというのは英語で「内側に引く」という意味。お腹を意識的にへこませるだけでダイエットができ、ウエストが細くなります。

やり方は簡単です。
お腹を意識的にへこませて、30秒間その状態を維持するだけ。

これを1日5分間、1ヶ月続けるとウエストが平均で約5.0㎝、
最大で約12.0㎝細くなるというものです。
・・・(個人差は当然あります)

いつでも、どこでもできるのが最大の魅力ですね。
一度その場でやってみてください。

wait20

お腹をへこませて・・・・・・・・ま~す。

wait20

Fotolia111

どうでしたか?
最初は苦しいかもしれませんね。

お腹を意識してへこませても、全然へこまない人、
少しへこむ人、かなりへこむ人と
人によってさまざまだと思います。

全然へこまなかった人も、
続けて行っているうちに徐々にへこませることができるので
安心してくださいね。

こんな簡単なことでどうしてお腹がへこんでいくのか?

お腹を意識的にへこませただけで
本当にお腹ダイエットできるのか不思議ですよね。

それは、お腹を意識的にへこませるときに使う
筋肉に秘密があります。

お腹を意識的にへこませる動きに使っている筋肉は、
普段あまり使われない筋肉です。

お腹まわりには、
内臓器官を覆っている腹横筋(ふくおうきん)

その外側に腹斜筋(ふくしゃきん)
背中側に背骨を支える背柱起立筋(せきちゅうきりつきん)

などがあります。

他にも、お腹を縦に締める腹直筋(ふくちょくきん)
背骨と骨盤・下肢をつなぐ腸腰筋(ちょうようきん、

首の後ろから背中にかけてある僧帽筋(そうぼうきん)、
背骨の両側にある広背筋(こうはいきん)などがあります。

お腹を意識的にへこませるドローインを行うと、
これらの筋肉をまとめて動かすことができるというわけです。

また、これらの筋肉は体の体幹に属する筋肉です。

筋トレや日常生活では鍛えることができない筋肉のため、
ドローインで鍛えてやると体全体の代謝も上がってきます。

本来、お腹を締める腹横筋や腹斜筋ですが、
動かす機会がない人は、筋肉自体が眠っている状態です。

お腹を意識的にへこませるドローインをすることで、
普段眠っている筋肉を目覚めさせ、
緊張させるきっかけとなるのです。

お腹をへこますドローインのやり方

bbb300

お腹をへこますドローインを30秒間やるポイントを説明します。

1、背筋を伸ばした状態で行います。

2、お尻の穴を締めるような意識を持ちましょう。

3、胸を張って、肩を後ろに引くように意識します。

4、おへそを中心に背中にくっつけるようにします。

以上のポイントを基本として、お腹を目いっぱい凹ませ、
30秒間維持してみましょう。

最初は息が止まってしまうかもしれません。

お腹をへこませることで内臓が圧迫され、
上下方向に逃げようとします。

その結果、横隔膜と肺が圧迫されて
呼吸がしにくくなるというわけです。

ドローインを続けていると内臓は元の位置に戻り、
肺の圧迫がなくなるので普通に呼吸ができるようになります。

どうしてもお腹がへこませられない人は、次のようにしてみてください。
子宮にいる胎児の恰好をしてみてください。

横になって、少し丸まった感じです。
この状態で、お腹をへこませてみてください。

少し動きませんか?
目で確認できるので実感できると思います。

お腹をへこますドローインの特徴

お腹を凹ますドローインの特徴は、
いつでもどこでもできてしまうことですね。

ダイエット運動する時には、
それなりの準備と心構えが必要になります。

でもこのドローインは、意識があればどんなときでも、
どんな場所でもできてしまうので便利です。

朝起きたとき、歯を磨いているとき、
テレビを見ながら、お風呂に入っているときなど、

自宅での生活の中でやる意識があれば
いつでもできてしまいます。

会社に行くときの通勤電車の中で、車を運転中に、
パソコンをやりながら、会議中でもやることができます。

歩いているときもお腹を凹ませていると、
見た目もスマートでカッコ良く見えますよ。

意識的にお腹をへこませることができるようになったら、
このダイエット方法は成功です。

【送料無料】30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ