チョコレートダイエットで痩せる?食べ方によってダイエットが可能に?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


cho

チョコレートで痩せる?
チョコレートダイエットなんてあるの?

チョコレートは太るんじゃないの?
チョコレート=太るとインプットされていますね。

チョコレートを好きなだけ食べてもいいというわけではありません。
チョコレートに含まれる成分を理解して、効率よく食べればいいのです。

チョコレートはギリシャ語で「神の食べもの」という意味があり、
カカオの木の果実の中に含まれている種子「カカオ豆」が主な原料です。

カカオの原産地は中南米といわれています。

かつては貴族だけが口にすることができる貴重な食物で
不老長寿の秘薬として珍重されていました。

当時の王様は、カカオからつくったドリンクを
1日50杯も飲んでいたとか。

その後、カカオは、ヨーロッパに伝わり、苦みや渋みが取り除かれ、
飲みやすくされたのが、ココアなのです。

その後、固形のチョコレートが生まれています。

日本には江戸時代に伝わり、貴重な薬用だったと記録があります。
昔から伝えられているように、チョコレートは薬だったのです。

信じられませんよね。

カカオにはポリフェノールがたっぷり含まれていて、
動脈硬化や脳卒中、心臓病を防ぐ働きをするのです。

更に、血液がサラサラになり、高血圧を予防することにもなります。
活性酸素の害を防ぐことはガン予防にもつながりますね。

カカオにはテオブロミンとい成分も含まれていて、
これはリラックス効果と集中力を高める効果があります。

ここまでで、チョコレートに含まれる成分と働きがわかりました。
それでは実際に痩せるための実践方法をお伝えします。

チョコレートに含まれるカカオが70%以上のものを、
1日50グラムを目安に朝、昼、晩の食事の20分くらい前に、
少しずつ分けて食べてください。

これを実践することで、血糖値が上昇し、満腹中枢を刺激して、
自然に食欲が抑えられ、ダイエットに嬉しいカカオ成分が効率よく
働いてくれます。

ポイントは2つです。
・カカオ含有量70%以上のチョコレート
・1日50グラム
これを守ってください。

普通のチョコレートはダメですよ。
この2つのポイントを守らなければ、「チョコレート=太る」になりますよ。

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ