食べる順番ダイエット方法は?効果は?爆発とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


食べる順番ダイエット方法は?効果は?爆発とは?

食べる順番ダイエット方法は?効果は?爆発とは?
あなたは、食べる順番ダイエットをご存知でしょうか?
食べる順番ダイエットの方法は簡単です。食べる順番を
気をつけるだけでダイエットの効果を上げるというものです。

この食べる順番ダイエットでどんな効果があるのかと言うと、

「満腹感を効果的に得ることができるので、全体的に食べる量が減る」
「血糖値の急上昇を抑えて糖化を防ぎ、脂肪を溜まりにくくする」

この2点が重点的な効果です。

では、食べる順番ダイエット方法を紹介しますね。

食べる順番を次のようにします。
1、食物繊維の食べ物から食べる。
2、タンパク質の食べものを食べる。
3、炭水化物の食べものを食べる。

この順番で食事を食べていきます。

では、どうしてこの順番で食べるとダイエット効果が得られるのか?
という疑問にお答えしますね。

まず、食物繊維のものから食べることで、食物繊維が脂質や糖質に吸着して
そのまま排出してくれるからです。
体に余分な脂質や糖質が残らないため、ダイエット効果が上がるのです。

次に、タンパク質ですが、これは単に腹持ちがよくなるからです。
お腹の中に持続する時間が長いので、食べすぎを防止できます。

最後の炭水化物ですが、早くから食べると血糖値が上がらず、
満腹感が得られないからです。

食べる順番ダイエットは、この順番を守らないと
ダイエット効果が得られません。

そして、1つの料理を食べ終わったら次の料理を食べる
と言うことも食べる順番ダイエットでは重要な食べ方です。

この食べる順番さえ守っていれば、
・1日3食食べてもOK
・炭水化物を食べてもOK
・高カロリーな食べものもOK
・カロリー計算しなくてもOK
だそうです。

体重が落ちなくなったときは。逆にたくさん食べることで
効果を実感できるといいます。

あなたはココまで読んで「ほんとかよ」
食べる順番変えただけでダイエットできるのかよ~

と思っていますね。
まあ、騙されたつもりで、この先も読んでください。

では、食べる順番ダイエットの具体例を何点か上げてみますね。
ポイントは、単品で食べてはダメということです。

簡単な例で言うとカレーライスです。
カレーライスは単品ですね。だから、サラダを付けます。

食べる順番ダイエットでは、
①サラダを食べる
②カレーライスを食べる
という順番になります。

では、牛丼の場合はどうでしょう。
牛丼も単品ですね。その場合、味噌汁とサラダを付けます。

食べる順番ダイエットでは、
①味噌汁の汁を半分飲む
②野菜サラダを食べる
③味噌汁の具を食べる
④牛丼の具を半分食べる
⑤牛丼の残りの具とご飯をいっしょに食べる

一般的に肉や魚を食べる場合は、
①野菜サラダを食べる
②味噌汁を飲む
③お肉やお魚を食べる
④ご飯を食べる

どうですか?
食べる順番は理解できても、実践できるか不安になりませんか?

いつもはご飯と一緒におかずを食べていますね。
最後にご飯だけ食べるというのに抵抗を感じるかもしれませんね。

では、最後に食べる順番ダイエットを実践して、
スランプに陥ったときの克服方法です。

それが「爆発の日」です。
「爆発の日」とは、炭水化物を食べまくる日のことです。

おいおい、炭水化物を食べまくったら太ってしまうだろ
と言いたいですよね。

この食べる順番ダイエットの理論では、
食べる順番ダイエットを実践していると、
体内の脂肪があまり燃焼しなくなってくるそうなのです。

その脂肪燃焼に活を入れるため、炭水化物を食べまくって、
活性化を図るというのです。

これはあくまで1日だけです。
翌日は体重が少し増えますが、翌々日からは
体内の脂肪燃焼によって体重が下がってくるそうです。

炭水化物を食べまくる目安としては、
体重×45kcalの摂取量が必要です。

たとえば体重60キロなら2700kcalを目安に
食べまくるわけです。

この食べる順番ダイエットはテレビでも放送されています。

TBSのもてもてナインティナインの中で約2ヵ月の間に
鳩山太郎さんとビビる大木さん2人で「合計ー30Kg!」に
成功していました。

本も出版されていますので興味のある方は実践してみてください。

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013 年 4 月 12 日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:話題のダイエット

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ