中年太りの原因はズバリ「これ」!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


中年太りの原因はズバリ「これ」!

中年太りの原因はずばり基礎代謝の低下です。
基礎代謝とは人間が生きていくために必要な
「体温を保つ」、「呼吸をする」、「心臓を動かす」
など生命維持のために常に使っているエネルギーのことです。

この基礎代謝は10代後半(男性の場合)がピークとなって
加齢と共に減少していきます。

そのため、20代の頃と同じような食生活を続けていて、
中年と呼ばれる年齢になると、脂肪の蓄積率が上がっていくというわけなのです。

又、中年と呼ばれる年齢になると若い時に比べて
運動する機会や時間がなくなり、活動代謝が減ることも
中年太りの原因の1つとされています。

皮下脂肪と内臓脂肪

Fotolia110

中年太りの元である脂肪には、体の皮膚の下につく皮下脂肪と
筋肉と内臓の間につく内臓脂肪があります。

皮下脂肪は確認できるが落としにくく、
内臓脂肪は目に見えないが落としやすい脂肪とされています。

中年太りは、内臓脂肪肥満といわれています。

内臓脂肪は、生活習慣病といわれている
高脂血症、高血圧、糖尿病などを引き起こす危険があります。

中年太りは生命の危険があるということになります。

加齢によって、筋肉量が減る、基礎代謝が減る、消費カロリーが減る、
脂肪が溜まるという流れで中年太りになってしまう訳です。

しかし、ついてしまった内臓脂肪は、有酸素運動などで落としやすい脂肪です。
自分の努力次第では中年太り解消は可能ということになります。

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ