やせるクセ!ダイエットを成功させるたった2つの習慣とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


やせるクセ

ダイエットを始めたけれど、途中で挫折してしまった?という方が多いのはどうしてでしょう。

あなたならわかりますよね!ダイエットを成功させる難しさ?世の中の女性の半分はわかっているかもしれません。

ダイエット 成功できない なぜ?

ダイエットを始めるときは気合が入っています。
多少のことは我慢できますね。

しかし、時間の経過と共に、気合が抜けてきます。
そして、ある日突然、目の前に大きな壁が現れます。

この大きな壁とは、高い目標であったり停滞期ですね。
この壁を乗り越えようと最初は頑張ります。

でも、「私にはムリ」という思いが強くなり、
「挫折」という脇道にそれていきます。

どうして急に乗り越えられない壁ができてしまうのか?
これは、0の状態からいきなり100を目指すからです。

つまり、普段何もやっていないのに急にダイエットをやり出しても、
「カラダ」も「こころ」も「脳」もついていかないのです。

では、どうしたらいいのか?
それは、「やせるクセ」、「ダイエットのクセ」
をつけることです。

普段から「やせるクセ」、「ダイエットのクセ」
をつけておけば、「カラダ」も「こころ」も「脳」も
しだいに慣れていきます。

小さな壁をひとつずつ越えていけば大きな壁は現れず、
確実にダイエット成功に近づいていきます。

「やせるクセ」「ダイエットのクセ」「食事」

ダイエット中は、甘いものを忘れてください。
「ひと口だけ」「カロリーオフだから」・・・?

甘えは一切なしです。
ダイエットは、そんなに甘くはありません。

人間は、1回でも許してしまうと、それが癖になり、
結局はズルズルと挫折の脇道にずれて行ってしまいます。

どうしても我慢できない場合は、
香りだけ楽しんでください。

次に食事ですが、3食すべて日本食にします。
パンなどの洋食は一切なしです。

「煮る」「蒸す」「焼く」といった原点に注目し、
油を控えた料理にこだわってください。

生野菜や蒸し野菜は、いくら食べても結構です。
「見るのもイヤ」となるくらい食べてください。

炭水化物のご飯は、子供用の茶わんで1杯。
「もう少し食べたい」と思うとことでストップです。

「やせるクセ」「ダイエットのクセ」「運動」

家の中で気軽にできる運動といったら、
「踏み台昇降」がオススメです。

「踏み台昇降」は確かに地味な運動ですが、
立派な有酸素運動で、ダイエットには欠かせません。

この運動をやるクセをつければいいのです。

たとえば、キッチンに行って食事の準備をする前、
5分間だけ「踏み台昇降」する習慣をつけてみる。

始めは嫌かもしれませんが意識的に行うようにします。
しかし、習慣になれば、嫌ではなくなるはずです。

ダイエットの成果が現れれば、やる気も増しますから、
運動することが楽しくなります。

「ダイエットしなきゃ」といつも思っていると、
ストレスだけが溜まってきます。

まずは、「ダイエットしなきゃ」を忘れてください。
そして、「やせるクセ」「ダイエットのクセ」をつけてください。

普段の生活の中に先ほどの「クセ」が溶け込んでしまえば、
「ダイエット」という言葉はいらなくなります。

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013 年 6 月 23 日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:正しいやせ方

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ