太りにくい体質はこうやってつくるんです!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


太りにくい体質はこうやってつくるんです!

ダイエットして太りにくい体質を作るのは簡単です。理想的なダイエットをおこなえばいいだけです。しかし、理想的なダイエットをしないで、体重だけ減らすダイエットをしてしまうから、なかなかダイエットが成功しないのです。

  筋肉と脂肪はどちらが重い?

友達とダイエットを始めたのはいいけれど、
その友達は6キロも減ったのに私は2キロしか減っていない・・・と
悩んでいる人がいます。

あなたのまわりにもいませんか?
私のところにもそんな相談がきます。

そんなときは、
「理想的なやせ方ってしっていますか?」
と尋ねています。

理想的なやせ方とは、
「筋肉を減らさないで、脂肪をへらすこと」ですね。

筋肉を減らしてしまっては、
基礎代謝率が下がって太りやすい体質になってしまいますから。

質問すると半分くらいの人は解っていて、
「筋肉を減らさないように運動を併用してダイエットしている」
と答えます。

でも、なかなか体重が落ちないんですと返ってくるのです。

そこで、次の質問をします。
ここにAさんとBさんがいます。

Aさんは、筋肉を減らさずに脂肪だけを減らしてダイエットしました。
Bさんは、筋肉も脂肪も減らしてダイエットしました。

さて、AさんとBさん、
体重の減りかたが大きかったのはどちらでしょう?

あなたは、もうわかりますよね。

もちろん、Bさんです。

Bさんは、体重が減ったと喜んでみたものの、
筋肉も減らしてしまいました。

そのため、太りやすい体質になってしまった
ということもありうるわけです。

筋肉と脂肪ではとうぜん筋肉のほうが重いわけです。

筋肉を減らさないで脂肪だけを減らすという
理想的なダイエットをした場合、
意外と体重の減りが少ないということを覚えておいてください。

そして、友達とダイエットを始めることはいいことなのですが、
競争になっては逆効果です。

人は、それぞれ体質が違うので、
ダイエットのペースも変わってきます。

そのことをしっかり理解してダイエットしないと、
「どうして私だけ・・・」という思いになってしまうのです。

  ダイエットは買い物上手と同じ

ダイエットを始めると食習慣にも敏感になって
「○○は体に悪いから、あまり好きではないけど△△に変えたんです」
という人がいます。

でも、意外と続けることができていないのです。

よい食習慣をつけるとはいっても、
好きだもないものを無理に食べる必要はないと思います。

○○は体に悪いから・・・などと言いますが、
私たちが食べているもので体に悪いものなんてありません。

食べ過ぎが悪いのです。

健康に良いとか、カロリーオフだからというだけで、
食べものを選んでいると、習慣化することはできません。

それよりも、「食べ過ぎないようにする」という
食習慣をつけたほうがダイエット的です。

カロリーの節約ってお金の節約と考えは同じです。

限られた予算の中でやりくりするには、
やっぱり買い物上手にならなくてはいけません。

たとえば、素敵なスカートが格安で売っていたとします。

でも、ここで衝動買いしてしまっては・・・と
思える人は買い物上手です。

安いから買っておこうという人は、
買い物上手とは言えません。

食べものも同じです。

おいしそうだから、安いからという理由で食べるのは、
カロリーがもったいないと思わなくてはダメです。

それが、食べ方上手になるコツです。

お金を稼いで「貯金」すればお金もちになれます。

運動して筋肉をつけ「貯筋」すれば太りにくい体質になれるのです。

ただダイエットするのではなく、
「太りにくい体質づくり」を目指しませんか。

時間はかかりますが、一度手に入れたら「一生もの」ですよ。

食べても太らない体質に簡単に変えることができる画期的な方法が
今、口コミで評判です。⇒ オリエンタルダイエット

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ