ビタミンCは食事よりもサプリメント摂取が理想的

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


ビタミンCは食事よりもサプリメント摂取が理想的

きれいなお腹ダイエットをしたいならビタミンCは欠かせません。
ビタミンCは科学名では『アスコルビン酸』と呼ばれています。

細胞はコラーゲンというタンパク質によって繋がり、
組織を形成しています。

このコラーゲンを作る上で欠かせないのがビタミンCなのです。

Fotolia112

ビタミンCは、人間の体内で合成することができないので、
食べ物やサプリメントから摂取することになります。

また、水に溶ける水溶性ビタミンのため、
摂取しても使われないビタミンCは、
汗や尿から排出されてしまいます。

毎日摂取しなければいけない栄養素です。
1日当たりの摂取量は、男女共100㎎~150㎎とされています。

ビタミンCはどんな働きをするの

細胞と細胞を結ぶコラーゲンを作る栄養素で、肌にハリを持たせ、
粘膜や血管を丈夫にします。

免疫力を高めて病原菌やウイルスの侵入を防止して風邪などを予防します。

メラニン色素の生成に関わる酸素の働きをブロックして
シミのできる原因を抑制します。

抗酸化作用を持っており、有害な活性酸素を除去することで
ガンの予防など体を守る働きをします。

骨を作り出す細胞を増殖させる効果もあるので骨の生成にも役立ちます。

ビタミンCを多く含む食品

ビタミンCを多く含む食品には、ピーマンやキャベツ、パセリやブロッコリー
といった緑黄色野菜やレモンや柿といった果物系が上げられます。

他にはジャガイモや緑茶にも多く含まれています。

ビタミンCは、熱に弱く、空気に弱く、水に溶けやすいという弱点があります。
野菜に熱を加えるだけでビタミンCは半減します。

果物も食べられる状態にして長時間空気に触れると
どんどん含有量が低下してきます。

食材からビタミンCを摂取するには、なるべく熱を通さない。
早く調理して食べてしまうことが必要です。

ビタミンCが不足すると

ビタミンCが不足すると免疫力が下がって
病原菌やウイルスの侵入を簡単に許してしまいます。

風邪などの病気にかかりやすくなります。

コラーゲンが作れないため、細胞と細胞を結合させることができなくなってしまいます。
そのため、毛細血管からの出血や肌荒れ、シミのできやすい体質になってきます。

不足すると人間の体に対して良いことはありません。

逆に過剰摂取した場合ですが、過剰摂取しても吸収されなかった要素は、
排出されてしまいますので、大きな障害には発展しません。

摂取不足より、多少摂取を多めにして丁度いいぐらいです。

ビタミンCの上手な取り方

ビタミンCを空腹時に取ると吸収速度は速いですが、
短時間で吸収が終わってしまいます。

一方、満腹時に取ると、吸収時間が遅く、吸収されながら、
その間も消費されているので、余分に吸収されています。

比較すると満腹時は空腹時の1.6倍の吸収量になります。
すなわち、満腹時の方が、ビタミンCは継続して吸収されてしまうのです。

食事の内容にもよりますが、
食後にサプリメントなどでビタミンCを摂取することで、
理想的なビタミンCの補給ができてしまいます。

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ