年末・年始ダイエットを乗り切るための4つのポイント。これを知らないと・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


年末・年始ダイエットを乗り切るためのポイント

さあ、あなたにとって一年で一番忙しいときに突入しましたね。
忘年会、クリスマス、お正月、新年会・・・。
ダイエット中だからなんて言っていたら仲間外れになりそうな勢いです。
あなたは、このときをどうやって乗り切りますか?

ダイエット中のあなたに、この重大なときを乗り切るポイントを
いくつか紹介します。

すべて実行する必要はありません。
頭の中にインプットしておいて下さい。

そして、その状況になったときに思いだしたら、
実行してみてください。

これだけでもかなり違ってきます。
この時期、多少体重が増えるのはしかたありません。

でも、意識を野放し状態にしたら、
今まで頑張ってダイエットした苦労が・・・です。

それではいきましょう。

年末・年始ダイエットのポイント1 摂取カロ―を3日で管理する

いま、忘年会で忙しいあなたは、食べ過ぎや飲みすぎに気をつけなくちゃー
なんて思っていますよね。最初だけですけど・・・?

場が盛り上がってきたり、おしゃべりがはずんでくると、
そんなこと一切忘れてしまうものです。

気がついたとき(翌朝)には、昨日は食べ過ぎた、
飲みすぎたということになるわけです。

朝食は食べられない、昼食もちょっとしか食べられない。
でも、段々お腹が減るから間食してしまう。

と、私の行動をもとにあなたの行動を再現してみましたが、
誰でもこんな経験はあります。

でもね、ここからが大事です。

物を食べたり、飲んだりして消化吸収されるまで、
およそ48時間かかると言われています。

つまり、食べたものが脂肪として蓄積され、
体重となってあらわれるのは、3日後です。

ウソだと思ったら食べ過ぎた翌朝体重計に載って見てください。
変化なしということはありませんが、急激な上昇はないはずです。

なにを言いたいのかわかりますか?

忘年会などのイベントでは、お腹いっぱい食べたり、
飲んだりしてもいいのです。

しかし、翌日からの2日間は、トータルの摂取カロリーを
調整するようにしないとダメなんです。

要するに3日でワンサイクルと考えてください。

この考えなら、ダイエット中でも楽しい年末年始が過ごせるはずです。

年末・年始ダイエットのポイント2 お酒のおつまみは意識して選んで

ダイエット中のあなたは、すでに勉強していると思いますが、
お酒、つまりアルコールにはカロリーがほとんどありません。

お酒が好きな人には「ラッキー」なことですよね。
しかも、100グラム当たりだとビールが一番少ないんです。

「益々ラッキー」と思うでしょう。

でもね、ビールを飲む量と焼酎を飲む量では違うので、
結局、ビール党の人はカロリーを多く取ってしまうんですよ。

まあ、お酒もそうですが、問題はおつまみです。

お酒におつまみはつきものです。
そしてね、お酒には食欲を増進させる力があるから、
ついつい食べ過ぎてしまいます。

とくに、おつまみには、から揚げなどのカロリーが高いものが
多くあります。

ここであなたに意識して欲しいのです。
なるべくカロリーの低いものを選ぶようにと。

この意識があるかないかで、相当の違いがでます。

年末・年始ダイエットのポイント3 宴会場ではいい女を演じる

いい女を演じると言っても勘違いしないでください。
私が言っているのは、気の利く女を演じることです。

とりわけ、居酒屋の宴会コースや中華の宴会場では、
大皿の料理が並べられます。

そんなとき、自ら進んで取り分ける作業をすることです。
まずは、近くにいる人に料理を取り分けてください。

そして、最後に自分のヘルシーメニューだけお皿に取るのです。
これで、ダイエット中に避けたい料理は食べなくてすみます。

これだけではないですよ。

取り分け作業中は、お酒を注がれることがありませんし、
「気が利くね」なんてほめられて気分も上がります。

そして、ここからが重要ポイント。

このようなコース料理は、メインディッシュの前に、
前菜として味の薄いものから運ばれてきます。

その前菜で空腹感を満たしておきましょう。

メインディッシュの前にお腹を膨らませておけば、
食べ過ぎることを避けられますから。

年末・年始ダイエットのポイント4 これを我慢できるかで相当違います

年末・年始の宴会などのコース料理でお決まりなのが、
最後のデザートです。

フルーツなどがでてきた場合には、
おいしくいただいちゃいましょう。

問題は、生クリームやバターがたっぷりの
ケーキやお菓子です。

言うまでもありませんが、
今この時点であなたはカロリーオーバーです。

さらにケーキなどのお菓子を食べたら、
どうなるかわかりますよね。

食べたい気持ちはわかりますが、
ここは「グッ」と我慢するところです。

ここで、あなたのダイエットに対する意気込みがわかります。

年末・年始ダイエットのポイント5 ダイエットやめますかの「シメのラーメン」

年末・年始の宴会などでは、2次会、3次会などに、
流れていくのは普通です。

とくに最近は、カラオケなどが人気です。
お腹もいっぱいだし、お酒も入って絶好調。

歌を歌ってみんなで盛り上がれば、
気分も最高潮です。

時間の過ぎるのも忘れて、
日頃のうっぷんを晴らしましょう。

さて、時間が過ぎるのは早いもので、
深夜0時を回りました。

そろそろお開きにしましょうかと
ふらふらとお店を出たところでこんな声がかかります。

「ラーメン食べていく人」って。

歌を歌って、体を動かしてスッキリすると、
やはり小腹が空きます。

でも、ここでラーメンを食べてしまっては、
脂肪を食べているのと同じですよ。

ラーメン食べてから夜が明けるまで運動するなら別ですが、
寝るだけなら食べた分が脂肪です。

ダイエット中のあなたは、絶対に食べてはいけません。

年末年始ダイエットのポイントを5つ話しました。
最初に言ったようにすべてを実行する必要はありません。

これをやってはダメ、あれもやってはダメと最初から決めてしまうと、
楽しくないし、逆効果です。

だから、所々で思いだしてください。
思いだしたときだけ、実行してください。

そのほうが絶対上手くいきますから。

年末・年始の行事がひと段落したとき、
「お腹が出てきた」と感じたら、早めの対策をしましょう。

「継続」という努力ができる人だけに紹介しています。
⇒ オリエンタルダイエット

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ