痩せる食べ方 順番

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


痩せる食べ方 順番

痩せる食べ方の順番について解説します。やせる食べ方の裏を返せば、太らない食べ方をすることです。やせる食べ方は、普段の食生活で「チョットだけ」気をつければできることなのです。

20分食事法

食事には最低20分以上かけるようにしましょう。
これだけで早食いを防止できます。

早食いは、痩せるための最大の敵です。
太ってしまった人の8割はこの食べ方になっています。

大皿で出てきた食事は、自分が食べてよい分だけ、
自分の皿に取り分けてから食べるようにします。

これで、食べすぎる危険がありませんね。

朝食にトーストを2枚食べている人は一度に2枚焼かず、
1枚焼いて食べてから必要ならもう一枚焼くようにします。

面倒くさいと思っている人は、痩せることを放棄した人です。

噛めば噛むほど痩せやれる

あなたは食事のとき、ひと口20回以上噛んで食べていますか?
早食いの人は、飲みこむようにして食べていますね。

満腹感は、胃がいっぱいになれば得られるものではありません。

目で楽しみ、舌で味わい、噛むことで素材感を確認する。
これらが得られてこそ満腹感を感じるのです。

特に、噛むという行為は、それ自体満腹中枢を刺激し、
お腹いっぱいになったという情報を大脳に伝えてくれます。

噛まずに飲み込んで、どんなに胃がいっぱいになろうと、
脳が満足しないうちは、いくらでも食べようとしてしまいます。

よく噛んで食べる習慣をつけるだけでやせられるのです。

食事に集中する

動物は、満腹中枢がお腹いっぱいという指令を大脳に出すと
ピタッと食べることをやめます。

人間は、美味しそうなものがあったり、イライラしていると
判断力が鈍ってダラダラと食べてしまいます。

特にその大脳が、満腹中枢から指令を受けとるべきときに、
テレビや雑誌に意識が向いていると、食欲にブレーキをかけることが
できなくなってしまうのです。

そうなると、いつまでたっても「お腹いっぱい」という実感がわかず、
気がつけば二人前食べてしまった・・・なんてことになるのです。

食事のときは、テレビや雑誌に気を取られることなく、
食べることに集中する。

これだけで痩せることにつながるのです。

以上、痩せる食べ方の順番について解説しましたが、
普段の食生活で意識していればできることですよね。

要するに、太らなければいいのです。
太らない食べ方を実践すればいいだけなのです。

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ