あまり食べないのに太る その原因は?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


あまり食べないのに太る その原因は?

「あまり食べないのに太る」と嘆く人がいますね。あなたのまわりにもいませんか?「あまり食べないのに太る」という人には、共通することがあります。それは「夜更かし」です。

勿論、夜遅くまで起きているだけだったら、
痩せることはあっても太ることはありませんよね。

太る原因は夜食です。

夜遅くまでテレビを見ていたり、ゲームに集中しながらも、
何も食べずに起きている人はそうはいません。

太っている人ならなおさらです。

こうした夜食が原因で太る人は多く、
「夜食症候群」などと呼ばれています。

つまり、夜更かしするから太るのではなく、
夜更かしの友として夜食を食べるから太るのです。

また、夜食によく食べるものといったら、
ラーメンやピザ、パンなど、簡単に食べられて
カロリーが高いものばかりです。

毎晩、こんなことを続ければ、
たちまち体はサーロインステーキのように
脂身だらけになってしまいます。

そして、夜遅く食べるから、朝起きたときは、
胃がもたれて食欲がないのです。

朝食を抜くと、昼食時にお腹が空いてまとめ食い。
これでは、太るための生活をしているのと同じです。

この悪循環を断つには、夜食を辞めること。
そうすれば、朝お腹が空いて目が覚める健康な生活になります。

朝、目覚めたときお腹が空いていれば、
朝食を美味しく食べられ、1日の好スターを切ることができます。

また、朝は忙しいので、ダラダラ食べたり、
お酒を手にすることもありません。

多めの朝食は、昼・夕食の量をおさえてくれ、
結果としてバランスのよい1日の食事がとれるわけです。

朝食はダイエットのリズムを作ってくれる大切なものなのです。

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ