無意識でも続けられるダイエットの見つけ方

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


無意識でも続けられるダイエットの見つけ方

ダイエットとは、健康的にやせること、そしてそれを維持していくことが基本です。
減量することだけがダイエットではありません。健康な体を維持しながら、理想の体型を作っていくこと。

太りやすい生活習慣を改善し、
太りにくい習慣を身につけることが本当のダイエットです。

極端な食事制限や偏った食事ダイエットで一時的に体重を減らしても、
リバウンドして元に戻ってしまいます。

本来の「痩せてキレイになりたい」「痩せて洋服をきこなしたい」
といった目的から離れていってしまいます。

今までの乱れた食生活や生活習慣の長年の蓄積で、現在の体型があります。
急激に改善すると、それなりのリスクをともないます。

時間をかけてあなた本来の素敵な体型を取り戻しましょう。
ダイエットに終わりはありません。

素敵な体型を取り戻しても、油断したらまた太ってしまいます。
長期間かけて今の体型を改善するには
続けられるものでなければいけません。

あなたにあったダイエット方法を見つけて、
生活習慣に取り入れましょう。

ダイエットをしているという意識がなくなったとき、
太らない生活習慣のできあがりです。

無意識に続けられることが成功の秘訣です。

自分を知って目標を決める  BMI指数(体格指数)

現在の体重(㎏)÷身長(m)×身長(m)=BMI指数になります。
例:身長160㎝ 体重60㎏の場合 60÷1.6×1.6=23.4 となります。

判定値

やせ(低体重) 18.5未満 
ふつう 18.5~25.0
肥満Ⅰ度 25.0~30.0
肥満Ⅱ度 30.0~35.0
肥満Ⅲ度 35.0~40.0
肥満Ⅳ度 40.0以上

この計算は、あくまで身長と体重の関係から肥満度を見たものです。
筋肉や骨が重いのか、脂肪が多くて重いのかは判別できません。

自分を知って目標を決める   体脂肪率

体脂肪率とは、自分の体重の何%が脂肪なのかを示す値です。
測定方法は、体脂肪率測定機などを利用して測定してみましょう。

今すぐチェックしたい方は こちらで測定できます

体脂肪の
判定基準
男性30歳
未満
男性30歳
以上
女性30歳
未満
女性30歳
以上
や せ 14%未満 17%未満 17%未満 20%未満
適 正 14~20% 17~23% 17~24% 20~27%
軽度肥満 25~30% 25~30% 30~35% 30~35%
肥 満 30~35% 30~35% 35~40% 35~40%
極度の肥満 35%以上 35%以上 40%以上 40%以上

体脂肪率のあくまで目安と考えてください。
正確な数値は病院で検査が必要になりす。

自分を知って目標を決める   目標値

Fotolia110

大まかな自分の数値が解ったら目標を決めましょう。

体脂肪が少なくなると体重も落ちますし、
ウエストも締まってきます。
体脂肪率を適正内に設定しましょう。

しかし、これでは目標がぼやけますので、体重で表現します。
1ヵ月に1.0~1.5㎏の減量で、1年で15~20㎏が目標です。

「もっと早く」と思うでしょうが、欲張ってはいけません。
あくまで長期間での目標設定が重要です。

目標が決まったら今日からスタートです。

「明日から」「来週から」・・・ダメです。今日からです。
『ダイエット方法が決まってないじゃないの』と思いますよね!

ダイエット方法は、
これから自分に合った方法をじっくり探していきましょう。

その前に、準備から始めます。
まずは、ダイエット記録を作っていきます。

朝と晩に体重を測って記録していきます。
(なるべく同じ時間)
(ヘルスメーターは50~100グラム単位で測れるものがベストです)

定期的にウエストや太ももなど自分が気になっている部分を測定し、
記録することで変化を感じ取ることができます。

これで準備完了ですあとは、
続けられるダイエット方法を見つけるだけです。

朝晩体重を測るだけで、ダイエットにどのような効果があるのかは、
『測るだけダイエットは脳がよろこぶ方法なんだ』をご覧ください。

ダイエットの考え方   筋肉で太らない体質作り

ダイエットを考えている人は
「筋肉なんかつけたくない」と思うでしょうか?
痩せているだけが魅力的な体型でしょうか?

ボディービルダーのような筋肉マンになるわけではありません。
美しくするための筋肉です。

適度な筋肉は、体を引き締め、脂肪とバランスが取れた
美しい曲線を描く体に変わってきます。

筋肉トレーニングは、筋肉量を増やし、基礎代謝をアップさせ、
脂肪を燃焼し、太らない体質に変えていきます。

詳しくは、『無酸素運動ダイエットで太らない体質に改善』をご覧ください。

ダイエットの考え方   体の脂肪を燃焼させる

体脂肪は、強制的に排除しないといつまでたってもなくなりません。
体脂肪を強制的に排除させる有効な方法が有酸素運動です。

有酸素運動とは、ウォーキングやジョギングなどの長時間運動する方法です。
有酸素運動で、体内に取り込まれた酸素が乳酸と脂肪を燃焼させてくれます。

長時間運動することで、脂肪が運動エネルギーとして燃焼されるため、
体脂肪を無くすことができます。

詳しくは『有酸素運動ダイエットで脂肪を燃やしてお腹スッキリ』をご覧ください。

ダイエットの考え方   食生活の改善を考える

太る原因は、摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。
当然摂取カロリーが多ければ、体脂肪となって体に溜まります。

食品のカロリーを気にしていますか?
1日の標準摂取カロリーを知っていますか?

1日の摂取カロリーを決めていますか?
好きなものばかり食べていては、カロリーオーバーになってしまいます。

ふだん良く食べる食品のカロリーは覚えておきましょう。
頭を使って食べる習慣を身につけることです。

摂取カロリーに対して神経質になる必要はありません。
意識することから始めましょう。

詳しくは『摂取カロリーを意識するだけで痩せられる』をご覧ください。

ダイエットの考え方   生活習慣の改善考える

ほとんど運動らしい運動はしない。
朝食を食べない。

夕食が遅くなることが多い。
毎日お酒を飲む。

お酒の締めはラーメンやお茶づけが多い。
昼食は外食やコンビニのお弁当。

忙しい現代人は生活習慣が乱れがちになっています。
ダイエットを成功させるのには生活習慣の改善が必要です。

一度にすべてを変えることは難しいでしょう。
でも、できることから変えていけば、少ずつ改善されます。

健康的にダイエットするには、少しの努力と工夫が必要です。

食生活を見直し、運動を取り入れた生活習慣に変えていくことが、
無意識でもダイエット続けられる方法なのです。

ダイエットを成功させる増やすものと減らすものとは。

ss803

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ