1ヶ月で1~2キロ、減らし続けるダイエット法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


1ヶ月で1~2キロ、減らし続けるダイエット法

お腹をへこますということは、最終的にはお腹についた脂肪が減って体重も減少するということです。

体重を減少させる最大の要因は
消費カロリーと摂取カロリーのバランスです。

消費と摂取のバランスが良く、必要な分だけ食べていれば、
太りもしないし、痩せもしないとなるわけです。

自分として一定の体重を維持していくことが、理想的な状態です。
お腹ダイエット成功後には、この状態を続けていくことが大切になります。

人間は、加齢と共に基礎代謝が低下します。
その分、食べる量を減らさなければ太ってしまいます。

若いときと、歳を取ってからでは運動量が違います。

年齢的に代謝が落ちても以前とほとんど同じ量を食べていは、
摂取カロリーが多くなって太りやすくなります。

個人的な体質にもかなりの差があります。

同じ量を食べてもどれだけ吸収するか、
運動にしても消費カロリーは同じではありません。
自分の体質にあった方法でダイエットすることが大切です。

もうひとつ大切なことがあります。
それは、「ダイエット=苦しいもの」と考えると
成功は望めないということです。

ダイエット中は苦しいと思う人がほとんどですが、
実質的には何の我慢もしていないのではないのでしょうか。

必要以上につい食べ過ぎてしまった自分に対して、
自己嫌悪になるのが苦痛なだけで、
ダイエットの苦しみとは関係ないのではありませんか。

苦しいな、ツライなと思うから最後まで続かないのです。
急激に体重を落とそうとするから辛くなるのです。

1ヶ月に1~2キロを確実に減らしていけば、
1年で20キロ前後の減量が可能になります。

ゆっくり確実な減量を心がけるべきです。

お腹をへこます考え方  強い信念を持つ

Fotolia110

絶対にお腹がへこんで痩せられると心から信じることです。

強い信念を持っていると、
ちょっとした我慢や冷静な対応ができ、
前向きな行動がとれるようになります。

食べ方を工夫したり、正しい判断で選択できるようになります。
気持ちの持ち方でダイエットが成功すると言っても過言ではありません。

「何度ダイエットしても痩せられるわけがない」などと思っていると
簡単に挫折してしまいます。

自分に都合のよいいいわけをして、お腹いっぱい食べてしまったり、
今までの習慣でスナック菓子を食べ続けたりしてしまいます。

忙しいからとかストレスが溜まったからと
自分に言いワケしていては痩せることはできません。

どのような環境の中でも、強い信念を持ってダイエットに望めば、
誰でも痩せてお腹をへこますことができます。

お腹をへこます考え方  余分に食べない

一人暮らしや年配の方によくあるケースが、
残った物がもったいないからといって、
お腹いっぱいにも関わらず食べてしまうことです。

食べ物が足りなかった時代には、
そのような風習もありましたが今は違います。

残す勇気が必要です。

余分にものを食べてしまえば、体は脂肪として蓄積してくれます。
ダイエットとは反対に反応します。

残った物は翌日に食べるか、工夫して違う料理で食べることです。
そして、料理を作りときは、「少なめに作る」ことが大切です。

基本的には、もう少し食べたいと感じる量、腹八分目を守りましょう。

お腹をへこます考え方  絶食の恐怖

早く痩せたいからといって、極端な食事制限をしてダイエットする人がいます。
確かに、食べなければ痩せることは簡単です。

しかし、食べないことを続けていくことができますか?
このやり方には、大きな落とし穴が待っています。

人間のカラダはすばらしい本能があります。

カラダの中が飢餓状態になると、
人間の脳は入ってきた栄養の多くをなるべく備蓄に回すように働きます。

このような動きをしだすと、本能はこの作業をやめません。
以前と同じ量食べても蓄積られる量が多くなり、
太りやすくなっていきます。

ダイエット前より確実に太りやすい体ができてしまいます。
食べないダイエット=最終的には前より太るということなのです。

お腹をへこます考え方  気持ちに正直になる

ダイエット中でも体が欲しがっている食べ物は、
取ることが必要です。
本当に食べたいと思うものは、
我慢しないで食べた方が精神的にもよいということです。

しかし、目が食べたがっている物や習慣的に食べている物は、
食べないような習慣を作っていくことが大切です。

急に食生活を変えることはできませんが、
意識して少しずつ変化させていけば意外と簡単にできるようになります。

意識することが大切です。

それと、絶対に食べないということもよくありません。

気分転換に友人などと外食するときは、
食べ過ぎ、飲み過ぎになってしまいます。
それはそれでいいと思います。

意識的に1日を通して摂取カロリーを考えていれば、
外食したときに多くなっても調整できます。

自分が食べたいなと思ったら、我慢しないで少しずつ、
より美味しく食べるようにしましょう。

気持ちを楽にする

何度もダイエットに挑戦している人は、
十分やり方や知識が解っているのに、
ストレスでダイエットを断念してしまった人が
多いのではないのでしょうか。

それは、あれを我慢しなければダメ、
この運動をしなければダメと
自分をがんじがらめにして、
プレッシャーの掛け過ぎなのではないでしょうか。

人間、辛いことや嫌なことは長く続けることができません。
ストレスが溜まって、逆の方向に向いてしまいます。

あまり硬く考えないで気楽な気持ちで挑戦しましょう。

少しずつ生活習慣を変え、
本当に食べたいと思うものを適度に食べて胃を小さくし、
少な目の量でも満足できる体を作っていきましょう。

ダイエットだから運動するという考え方ではなくて、
趣味や習慣の中に消費カロリーを増やす方法もあります。

長い間維持できる方法を見つけることが
ダイエット成功へのカギとなります。

自分が決めた食事や運動などを
毎日完璧に実行できなくてもいいと思います。
たまには食べ過ぎてしまったり、
運動しなかったりすることは悪いことではありません。

そのような回数を少しずつなくしていくことができれば、
自然と自信がついてきます。

そして、余分な脂肪とストレスから
解放されてくることでしょう。

気持ちを楽にして、食べたいものは食べる、
それでいて強い信念を持ってダイエットに望めば、
あなたの理想としているカラダを手に入れることができます。

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ