ウォーキングしながら骨盤矯正もできる歩き方

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


ウォーキングしながら骨盤矯正もできる歩き方

お腹ダイエットを始める前に骨盤のゆがみをチェックしてみましょう。骨盤がゆがんでいるとダイエットを頑張っても上手くいかない場合があります。

また、骨盤がゆがんでいると
体にさまざまな変化が起こってきます。

特に女性の方は、冷え症や肌荒れ、便秘に腰痛、
肩こりや生理不順、頭痛にむくみ・・・あげればきりがありません。

Fotolia115

このような症状に悩まされている方は、
骨盤が上下左右のどちらかにずれていたり、
前後にねじれていたりしています。

骨盤がゆがんでいるかチェックしてみましょう。
床に座った状態で左右の足の裏を合わせます。

両手でつま先を抱えるようにしてカラダを前に倒します。

このときに左右どちらかの股関節が痛んだり、
足の裏をつけることができない人は、骨盤がゆがんでいます。

骨盤がゆがむワケは?

骨盤がゆがんでしまうワケは、日常生活でのクセや
行動の繰り返しからきています。

バックを持つ手や掛ける肩がいつも同じであったり、
座るときに組む足がいつも同じや横座りの方向が同じだったりすると、
だんだんゆがんできます。

歩くときにガニ股やO脚、X脚の方や靴のかかとが外側か内側だけが減ってしまう人も
ゆがんでいる可能性が高いと言えます。

寝るときにも、左右どちらかに向くクセのある人は
骨盤がゆがんでしまいます。

日常生活の中で何気なく行っているクセや行動が、
体のゆがみを引き起こしています。

これからは意識することが大切です。

バックを持つ手を頻繁に変えてみたり、
寝るときもまっすぐ寝る努力をしてみましょう。

歩き方が悪い人や、骨盤がゆがんでいる人は、
ウォーキングで直していきましょう。

骨盤を直す歩き方は?

ウォーキングで骨盤のゆがみを直すポイントは、
骨盤をまっすぐ立てることです。

胸を張ってみてください。
上半身が骨盤の上にまっすぐ載っている感覚になりませんか。

そしてもう一つ、腰から下が足だと思って歩くことです。
骨盤を立てて、骨盤を意識して歩くようにします。

自分の歩いてる姿は解らなくても、
街中でキレイな姿勢で歩いてる人を見るときがあると思います。

カッコ良く歩く人は、
まっすぐ立って骨盤が前に押し出されているように見えませんか。

下を向いて歩いたら、カッコ良くは歩けません。

歩き方のポイント

カッコ良くしかも骨盤を矯正する歩き方のポイントをご紹介します。

まずは、腰から下が足だと思って骨盤を意識しながら大またで歩きます。
歩く速さは普段の1.5~2.0倍の早さ、1キロ10分くらいの感覚です。

足のかかとから着地して、足の裏で地面をつかむような感覚で、
親指の付け根で地面を軽く蹴りあげるようにして、リズム良く歩くようにします。

背筋をまっすぐにして骨盤を立て、前に押し出すように歩きます。
目線は前を向き、腕は直角にして大きく振ります。

1ヶ月くらい続けたら骨盤チェックをしてみてください。
変化が現れているはずです。

ss803

でも、雨の日や寒い冬はウォーキングは無理ですよね。

お化粧や着替えなどの準備が面倒で意外と続かないという方もいます。

そんな方に、自宅でテレビでも見ながら
1日たった10分でウォーキング30分ぶんのカロリー消費

ができる新型エアロバイクが登場しました。

全身運動を可能にしたダイエットマシンがこちら

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010 年 11 月 11 日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お腹とウォーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ