簡単に始められるウォーキングにも危険がいっぱい

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


簡単に始められるウォーキングにも危険がいっぱい

簡単に始められるウォーキングですが、ダイエットを目的として始めるならそれなりの準備をしましょう。

たかがウォーキングと侮ってはいけません。
しっかりと準備をすることで、ケガや病気から
あなたを守ってくれます。

最低限揃えて欲しいのが、
ウォーキングシューズとウォーキングウエアです。

この2つは揃えるようにしましょう。
あと、効率的に脂肪を燃焼させる時間帯などもご紹介します。

ウォーキングシューズについて

ss800

ウォーキングを始めるときは、
ウォーキングシューズを購入しましょう。

普段履いているスニーカーやシューズでは
足を傷める可能性があります。

ウォーキングシューズは、クッション性や素材など、
歩きやすく疲れにくいように作られています。

体に伝わる衝撃を緩和し、関節や骨盤などに悪い影響を与えないように
設計されています。

ウォーキングシューズは、
専門のスポーツ系ショップで購入することをお勧めします。

それは、シューズに詳しい専門の店員がいるからです。

自分の好みだけではなく、専門知識を持った店員のアドバイスを聞いて、
足に合ったもの、履いていても疲れないものを選ぶようにしましょう。

足にジャストフィットするものではなく、
少し大きめのものがいいようです。

冬などは厚めのソックスを履きたくなりますが、
その場合でも対応できるようにしておきましょう。

1日の内で足が一番大きくなるのは夕方です。(むくんで大きくなる)
ウォーキングシューズを購入するときは、夕方から夜にかけて行いましょう。

ウォーキングシューズは、2足購入することをお勧めします。
毎日使用するとダメージも大きくなります。

違うシューズで気分転換もできます。
2足を交互に履くことで、結果的に長持ちさせることにつながります。

ウォーキングシューズを履くときは、
足の甲を締め付けないようにしましょう。

つま先立ちやかかと立ちをして、
足とシューズがフィットしているか確かめてください。

ひもを結ぶときは、つま先を立てた状態でやると
足の甲を締め付け過ぎずにできます。

ウォーキングで一番大切なものはシューズです。
慎重に選ぶようにしましょう。

ウォーキングスタイルについて

ss801

ウォーキングするときの服装は、
運動しやすいものがいいと思います。

ジーンズや硬めのパンツはMGです。
Tシャツやランニングシャツなども避けた方がいいでしょう。

硬いパンツは、足を締めつけることで
血液の流れを悪くしてしまいます。

シャツ1枚では、汗をかいたときに体温を奪われ、
体が冷えてしまいます。

ジャージやスポーツウェアなどがお勧めです。
サウナスーツを着用してウォーキングしている人もいます。

サウナスーツは、発汗作用と保温効果が優れているので、
汗をかいて新陳代謝を高めたり、寒い日の体温低下にも役立ちます。

チョット奮発してウォーキング専用のウェアを購入するのも楽しみです。
お気に入りのウェアでウォーキングするだけで、心も弾んできます。

熱中症対策と防寒対策も忘れないようにしましょう。

紫外線対策の帽子やUVカットウェアなど
直射日光を肌に当てない様な対策を取りましょう。

冬は手袋やニット帽子など、外気からの寒さと
ウォーキングして温まった熱を冷まさないようにすることが大切です。

ウォーキングイベントの参加や1時間以上ウォーキングする人は、
替えのソックスを持っていくと良いでしょう。

足の裏は意外と汗をかきます。
ソックスを変えるだけで気分も変わります。

その他には、水や小銭、万歩計などもあるといいですね!

携帯電話は必需品です。

忘れる人はいないと思いますが、
ケガや病気の時には必要です必ず持っていきましょう。

小さめのリュックサックがあると便利です。

タオルや着替えなど手に持たなくて済むので
ウォーキングの邪魔になりません。

ウォーキングタイムについて

ウォーキングで脂肪燃焼効果を効率よく行うには2パターンあります。
朝食前のウォーキングと夕食後のウォーキングです。

人間は血液中のブドウ糖をエネルギーとして活動します。
しかし、空腹状態の朝ウォーキングすると血液中にブドウ糖がありません。

そのため、脂肪を燃焼させてエネルギーとします。
朝食前のウォーキングは、脂肪燃焼が効率よく行われるというわけです。

夕食後1時間以上たってからのウォーキングは、
食事で取った炭水化物や脂肪がエネルギーに分解されやすく、
体脂肪の溜まりにくい環境を作り出してくれます。

Fotolia115

寝ている間に成長モルモンが活発に分泌され、
体脂肪が残らない体を作ってくれます。

就寝中はタンパク質の合成がスムーズに行われ、
筋肉も増えていきます。

朝食前と夕食後の両方でウォーキングできると、体についた脂肪は
目に見えて減っていきます。自分の生活環境の中で選ぶようにしましょう。

朝も夜もウォーキングできない人は、昼間にこまめに歩くようにしましょう。
10分でも15分だけでもウォーキングすると違ってきます。

会社でのエレベーターを階段に変えたり、
ちょっとした届け物や買い物は車や電車を使わないで
徒歩で行うだけで違ってきます。

休日には、朝食前と夕食後、無理をしない程度にウォーキングすると、
普段できないぶんを取り戻せます。

ダイエットでウォーキングするなら、
楽しく意識しながらやることが大切です。

ss803

でも、雨の日や寒い冬はウォーキングは無理ですよね。

お化粧や着替えなどの準備が面倒で意外と続かないという方もいます。

そんな方に、自宅でテレビでも見ながら
1日たった10分でウォーキング30分ぶんのカロリー消費

ができる新型エアロバイクが登場しました。

全身運動を可能にしたダイエットマシンがこちら

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010 年 11 月 18 日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お腹とウォーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ