ダイエットウォーキングで脂肪燃焼力をアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


ダイエットウォーキングで脂肪燃焼力をアップ

お腹ダイエットの有酸素運動で一番簡単に始めることができるのはウォーキングではないでしょうか。ウォーキングは、その日の気分や体調に合わせて調整しながらダイエットにつなげていくことができます。

ダイエットにとって一番大切なことはなんでしょう?
それは、基礎代謝を上げることです。

基礎代謝は、私達が生きていくのに必要な
エネルギーのことをいいます。
寝ていても、テレビを見ているときでもエネルギーを使っています。

そして、使っている量は人によって違います。

ウォーキングなどで基礎代謝を上げてやると、
1日の消費するエネルギーは増えていきます。

基礎代謝量は加齢と共に減少してしまう

ここに、A君とB君がいます。
この2人が1日に1500キロカロリーの食事をしたとしましょう。

A君の基礎代謝は1日1400キロカロリーです。
B君は1600キロカロリーです。

A君は消費するカロリーが摂取したカロリーよりも少ないので
脂肪がついてきます。

B君は消費したカロリーが1000キロカロリー多いので、
その分体重を減らすことができます。

基礎代謝を上げることは、食事制限で摂取カロリーを抑えるよりも楽なのです。
美味しいものを食べていても、自然と痩せてくるのです。

加齢と共に基礎代謝は減少してきます。
これは、どんなことをしても止めることはできません。

若いときと食事量が同じや多少減ってきていても、
お腹がでてきたり、太ってしまうのは基礎代謝の減少が進んでいるということです。

基礎代謝が減少すると痩せにくい体質、
太りやすい体質に変わってしまいます。

太ったということは、脂肪がついたということです。

お腹周りに脂肪がつくと生活習慣病の危険もでてきます。
加齢と共に減少する基礎代謝は、何もしなければ上げることができません。

食事の量を減らすことは、辛いことです。
でも、基礎代謝が下がっているのに普通の食事をしていたら絶対に太ってきます。

基礎代謝を上げる努力をすることが大切です。

基礎代謝を上げるには

Fotolia115

基礎代謝はどうしたら上げることができるのでしょう。

それは、

  • 「筋肉量を増やす」
  • 「心肺機能を高める」
  • 「血液の循環を良くする」

です。

ウォーキングなどの有酸素運動は、心臓と肺の機能を高めます。
酸素をたくさん吸うことで、脂肪の燃焼と筋肉増強に役立ちます。

有酸素運動にはさまざまな方法がありますが、
始めやすいのはウォーキングです。

お腹ダイエットや太もものシェイプアップには、
ウォーキングが最適です。

また、ウォーキングをすると血液の循環も良くなってきます。
女性は冷え症の方が多いですが、それは血液の循環が悪いからです。

血液の循環が悪いと酸素や栄養が体のすみずみまで行き渡りません。
代謝が悪くなって脂肪の分解がされにくく、太りやすい体質になります。

ウォーキングは、脂肪燃焼は勿論ですが、
基礎代謝を上げるための要素を完全にカバーしてくれるメソッドです。

ss803

でも、雨の日や寒い冬はウォーキングは無理ですよね。

お化粧や着替えなどの準備が面倒で意外と続かないという方もいます。

そんな方に、自宅でテレビでも見ながら
1日たった10分でウォーキング30分ぶんのカロリー消費

ができる新型エアロバイクが登場しました。

全身運動を可能にしたダイエットマシンがこちら

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010 年 11 月 4 日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お腹とウォーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ