無酸素運動ダイエットで太らない体質に改善

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


無酸素運動ダイエットで太らない体質に改善

お腹ダイエットに無酸素運動は必要なの?
無酸素運動とは、簡単に言うと筋肉トレーニングのことです。
ダイエットと筋肉トレーニングは関係ないと思われるでしょうか?

筋肉トレーニングとは、腹筋やダンベルなど
瞬間的に力を必要とする運動です。
この運動を続けることで、筋肉を増やすことができます。

筋肉が増えると血液や酸素の流れが良くなり、
基礎代謝量が増加します。

基礎代謝とは、呼吸や体温調節、心臓や内臓を動かすなど
身体の生命を維持するために最低限必要なエネルギー量のことです。

眠っている間でも消費されています。
基礎代謝は20歳をピークに徐々に減少するといわれています。

太る原因は?

Fotolia112

太ってしまった原因はさまざまな要因が考えられますが、
一番の原因は、食べ過ぎと運動不足だと思います。

食べることによる摂取エネルギーに対して、
消費エネルギーが少ないことを示しています。

筋肉トレーニングで、基礎代謝が増えるということは、
摂取したエネルギーを身体に溜めずに、
消費エネルギーに変えることになります。

身体の組織で筋肉が約40パーセントの割合を占めています。

この筋肉を鍛えることで消費エネルギーが最も多くなることが解ると思います。
加齢と共に減少した基礎代謝を増やすことにも繋がります。

基礎代謝が低いとどうなるのでしょうか?

消費エネルギーが低いと余ったエネルギーは、脂肪として蓄積されます。
特にお腹周りに着いた脂肪などがそれです。

Q:「無酸素運動で脂肪は取れるの?」

A:無酸素運動では、脂肪を減少させる効果は少ないです。
有酸素運動で酸素を取り入れて脂肪を燃焼させるほうが効果あります。

無酸素運動のメリットは?

筋肉が増えると基礎代謝量が増えて、『太りにくい体質』に変わります。

身体が引き締まり、バランスが良くなります。
肌や腸がきれいになり、便秘が解消されます。

筋肉トレーニングといっても、「ボディービルダー」のように
ムキムキになる必要は、まったくありません。

きつい運動も続きません。

自宅でできる簡単な方法で十分です。
負荷のかからない運動で回数を多めに行うことです。

筋肉に張りを持たせる程度でいいのです。
継続して運動することが重要です。

無酸素運動で大切なことは、筋肉量を増やして基礎代謝量をアップさせ、
太りにくい体質に変化させることです。

ダイエットにとって、太りにくい体質はとても重要なことですから。

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ