バランスボール ダイエット 方法は?腹筋効果は?姿勢美人に!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


バランスボール ダイエット 方法は?腹筋効果は?姿勢美人に!

バランスボールダイエット

バランスボールダイエットの方法や
腹筋効果について解説します。

バランスボールは、身体のゆがみを矯正し、
全身の筋肉をバランスよく引き締めることができます。

バランスボールに乗るだけでどうして腹筋が鍛えられるの?
それは、人間が本能的に倒れないようにバランスを取ろうとするからです。

そのとき、身体の中でバランスをつかさどっている
インナーマッスルが鍛えられるというわけです。

Fotolia111

インナーマッスルとは、身体の内部にある筋肉です。
筋肉トレーニングで鍛えることができる大胸筋、
腹筋などの大きな筋肉をアウターマッスルといいます。

インナーマッスルは、その大きな筋肉の内側に潜んで
筋肉同士の連動をスムーズに行うための筋肉です。

バランスボールの選び方

バランスボールにもさまざまな大きさがあります。

気持ちよくバランスボールでダイエットするには、
自分に合った大きさを選ぶようにしましょう。

基本的には、バランスボールに座って、
ひざが90°に曲がる大きさです。

目安としての大きさ

身長 150㎝
以下
150~165
165~185
185㎝
以上
ボールの
大きさ
直径45㎝ 直径55㎝ 直径65㎝ 直径75㎝

となります。

腹筋エクササイズの方法

バランスボールに座って背筋を伸ばします。
バランスを取りながら右足を上げます。
右足を降ろしたら、左脚を上げます。

片足を上げることでバランス感覚を身につけます。
慣れてきたら次のステップです。

両手、両足を広げ、床から足を少し上げてみます。
背筋をまっすぐにしてバランスを取ります。
慣れてきたら足を床と平行になるまで上げてみます。

ここでバランスが取れるとかなりステップアップしています。

両足を閉じて床から平行になるまで上げてみましょう。
バランスを取ろうとして身体の筋肉は一生懸命に頑張っています。
テレビを見ながら平然とできるようになったら、かなり上達です。

この平然とできる状態を長い時間できることが必要です。
気を抜くとバランス感覚はすぐに乱れてきます。

バランス感覚を保つことで、インナーマッスルが鍛えられ、
腹筋も鍛えられます。

バランスボールのメリット

簡単に始められる。
テレビなどを見ながら運動できる。
道具が安価である。
自宅で気軽に始められる。
骨盤矯正にも効果がある。
肩こり、腰痛、冷え症にも効果がある。

バランスボールのデメリット

バランスボールがないと運動できない。
インナーマッスルを鍛えても脂肪燃焼は期待できない。
バランスを崩すと怪我をする可能性がある。
意外と広い場所が必要。

バランスボールの評価

バランスボールは、インナーマッスルを鍛えるには
とても良い運動方法だと思います。

普通のトレーニングでは鍛えられない筋肉も
鍛えてくれます。

インナーマッスルを鍛えることで、引き締まった身体ができ、
筋肉量も増加します。

b1000

筋肉量が増加すると基礎代謝が上がって、
脂肪燃焼に結びつきます。

筋肉トレーニングのように目に見えた効果はありませんが、
身体の中でじわじわと効いてきます。

普通に座っていた椅子をバランスボールに変えるだけで
生活の中に溶け込んでしまいます。

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ