腹式呼吸ダイエットで痩せるお腹に体質改善

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


腹式呼吸ダイエットで痩せるお腹に体質改善

腹式呼吸とは、お腹をふくらませて息を吸い込み、お腹をへこませて息を吐き出す呼吸法です。
別名『横隔膜呼吸』とも呼ばれています。

腹式呼吸を上手に行うことでお腹ダイエットに効果があります。
鼻から息を吸い込むと、肺が膨らんでいっぱいになります。

Fotolia117

さらに息を吸い込むと横隔膜が下がり、
内臓が押し下げられお腹が膨らみます。

息を吐くときは、口をすぼめるようにして
時間かけて吐き出します。

そのとき、お腹をへこませるのではなく、
自然とへこんでいくようにします。

腹式呼吸は、お腹を膨らましたりへこませたりすることで、
腹筋が鍛えられる方法です。

腹式呼吸の方法

腹式呼吸は基本的に吐くことからはじめます。
体の中にある二酸化炭素をすべて吐き出して、
きれいな酸素を取り入れるためです。

口から肺の中にある空気をすべて出します。
さらにお腹がへこむまでゆっくりと時間をかけて
体にある空気を出し切ります。

息を吐ききったら、お腹を膨らませながら
鼻からゆっくりと息を吸っていきます。

この呼吸法を繰り返します。

呼吸する速さは、6秒で吐いて3秒で吸う感じです。
最初は意識して行うようにします。

腹式呼吸の効果

腹式呼吸を行うことで腹筋が鍛えられますが、
他にも体への良い影響があります。

横隔膜の上下運動により内臓が圧迫されて胃腸の働きが活発になり、
消化機能が改善され便秘対策になります。

胸の筋肉である大胸筋が鍛えられて基礎代謝が高まります。
腹筋を鍛えることで腰痛予防にも役立ちます。

停滞していた静脈の流れが良くなり冷え症にも効果的です。
そして、アドレナリンやドーパミンの増加によりリラックス状態になります。

腹式呼吸のメリット

いつでも、どこでも行うことができる。

いつも行っている呼吸方法を少し変化させるだけなので簡単。

お金がかからない。

腹筋を鍛えられ、体が健康になる。

緊張感を和らげ、精神を安定させられる。

腹式呼吸のデメリット

腹筋を鍛えているという実感がない

腹式呼吸の評価

腹式呼吸だけで腹筋を鍛えることはどうなのでしょう。
腹筋を鍛えている実感がないと続かないと思います。

他の腹筋運動と併用することで、効果がアップすると思いませんか?
腹式呼吸を意識しながら、運動や生活の中に取り入れていく。

無意識に腹式呼吸ができるようになったら、
健康的なお腹ダイエットに繋がります。

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ