縄跳びダイエット方法 効果 は?簡単に確実に!エア縄跳びとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク


なわとびダイエット

縄跳びダイエット方法 効果 は?
簡単に確実に!エア縄跳びとは?について解説します。

縄跳びダイエットは、有酸素運動の中で一番簡単に、
確実に効果が上がる方法です。
なぜかというと、短時間でも消費カロリーが最も高いからです。

縄跳びを知らない人や、
やったことがない人はいないと思います。

縄跳びは、
有酸素運動のなかで大変効果がある運動です。

運動によって300キロカロリーを消費する時間で比較すると・・・

ウォーキングは1時間かかります。

ジョギングは30~40分です。

しかし、
縄跳びですと20分で消費できます。

縄跳びの正しい飛び方

縄跳びで有酸素運動をするには、
ボクサータイプのようにステップを踏む飛び方が効果的です。

つま先立ちを意識すると、
足へのシェイプアップ効果も高まります。

全身を揺さぶることで、
背中などの脂肪が刺激されて落ちやすくなります。

縄跳びの怖いところは、
飛び方次第では無酸素運動にも変わってしまうことです。

心拍数120前後が有酸素運動です。
息が上がってしまうと、それは無酸素運動です。

縄跳びの時間と時間帯

Fotolia112

縄跳びを行う時間は、
ウォーキングやジョギングと一緒で
20~30分は続けることが必要です。

最初から20分続けるのは、簡単ではありません。

初めは回数を決めて休憩するようにしましょう。
200回飛んだら休憩してまた200回。

少しずつ回数を増やしていくようにします。
息が上がらないペースで行うことです。

有酸素運動なので時間帯も食事前がベストです。

朝食前に広場などで縄跳び運動することが
脂肪燃焼に効果的です。

時間がない人は夕食後に行ってください。

しかし、上下運動が激しいので、
食後1時間以上経過してから行いましょう。

縄跳びグッズ

自分が気に入ったスポーツウェアなら問題ありません。
シューズは、クッション性の良いものにしましょう。

縄跳びロープが必要ですが、安価なものが多いので、
自分か気に入ったもの、長さがあっているものを選ぶようにします。

縄跳びデメリット

簡単にできそうな縄跳びにもデメリットがあります。

雨の日は外ではできません。
しかし、今は「エア縄跳び」という室内でできるグッズがあります。

寒い冬の日は、風邪をひく可能性もあるので、外に出るのが嫌になります。

安全に縄跳びできる公園や広場が必要になります。

足に負担が大きいので、ひざや足首を痛めることもあります。

上下運動が激しいので、女性はバスト保護が必要です。

激しい運動なので、続けることがむずかしい。

縄跳びの評価

縄跳びの場合、
できる場所が近くにあるかが重要なポイントになります。

縄跳びのロープを振り回すわけですから、
安全なスペースが必要になります。

自宅の庭や駐車場でできる人はいいのですが、
わざわざ公園やグランドへ行くとなると、
長続きするかが問題です。

先ほど、「エア縄跳び」という室内用の縄跳びをご紹介しました。

室内でできるといっても、
両手でロープを廻しているだけで、跳ぶ感覚はありません。

最初はいいかもわかりませんが、長続きできるかどうか?
それが問題です。

しかし、縄跳びは短時間で有酸素運動ができ、
ダイエット効果の高い運動です。

あなたが、縄跳びダイエットができる環境なら、
是非、取り入れていただきたいダイエット方法です。

スポンサーリンク


  【関連記事】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ